女子大生まとめ 就活

【実体験】第一志望の結果が出る前に「内定承諾書」の提出を求められた!対応方法まとめ

先日、内定の電話をもらいました!

問題は、「内定を出させていただきます」という言葉の後です。

「他企業も受けている見たいだけど…(意味深な間)…うちの内定を受けるか、考えてください」

という内容でした。

濁した言い方ですが、「お前、後から内定辞退とか無しな?」という無言の圧力を感じましたね。

これが噂に聞く「オワハラ」でしょうか。

まだ、第一志望の結果が出る前なので、私はかなり戸惑いました。

  • 「内定承諾書」には法的な拘束力はあるの?
  • 内定を承諾して、第一志望の結果を見てから、断りを入れるのはアリ?

と、慌ててネットでリサーチしたり、キャリアサポート室で相談したりしたので、その結果をご紹介します!

スポンサーリンク

内定承諾書とは

内定承諾書とは、内定をもらった企業への入社を承諾したことを確認する書類です。

名前の通りですね。

  • 入社承諾書
  • 就職承諾書
  • 内定誓約書

などと呼ばれることもありますが、どれも意味はだいたい同じです。

企業が、内定を出したことを示す「内定通知書」とは別ですよ。

内容としては、

  1. 就職することの約束
  2. 犯罪を犯した場合は内定を取り消す可能性があることの約束

などが書いてあります。

1人に内定を出すためには、多大なコストがかかっているため、入社の念押しをしたいのでしょう。

口約束よりも、なんだか拘束力が強い気がしますもんね。

ただし、後にも説明するように、法的拘束力はありません!

 

内定承諾書を出したら必ず入社なの?

結論から言うと、内定承諾書を出しても辞退可能です!

キャリアサポート室の先生によると、

「企業も、辞退者が出ることを見越して、多めに採用しているので問題ありません。」だそうです!

私たちにとって就活は、人生に一度の大イベントですが、企業側は何度も採用活動をしています。

後から断られるケースも、幾度となく経験しているはずです。

悩みすぎないようにしましょう。

 

また、内定承諾書に法的な拘束力はありません

私が受け取った内定承諾書には、

『貴社への入社にあたりましては、入社取り消しなどのご迷惑をおかけするような行為をしないことをここに約束します。』

というような文言が書いてあり、署名と捺印を要求されました。

なんだか、入社を拒んだら罪になりそうな、恐ろしい表現ですよね。

しかし、内定承諾書は、あくまでも、企業が独自に作成した書類です。

辞退したからと言って罰せられることはないので、安心してください。

  • 企業から呼び出されて怒られない?
  • 個人情報をつかって、家に何か送り付けてきたりしない?

と、不安になる方もいるかもしれませんが、まずあり得ません。

就活生に企業の悪い噂を流されると、企業のイメージダウンに繋がるから」です。

まあ、電話口でちょっとくらい嫌味を言われるかもしれませんが・・・。

 

第一志望の結果を見て、断るのはアリ?

アリです!

承諾しておいて断るのは、メンタル的にかなり申し訳ない気持ちになりますが、良くあることです。

私もキャリアサポート室で、同じことを言われました。

「同じような質問が、毎日のように来ますよ。安心してください」だそうです。

第一志望の結果を見て、お断りしようと考えている学生は多いようですよ!

 

スポンサーリンク

「内定承諾書」への対応方法

第一志望の結果が出る前に、内定承諾書の提出を求められたときの対応方法は大きく2つです。

  1. 承諾」して第一志望からいい結果がもらえたら辞退する
  2. まだ他の選考があることを伝え「保留」する

順にくわしくみていきましょう。

1.「承諾」して後から辞退する

承諾して、第一志望の結果が分かったら、早めに電話で連絡するという方法です。

ただし、企業によっては、内定承諾書を受け取った後に

  • 懇親会の名目で、旅行につれていく
  • 研修会を開いて、食事をおごる

など、めちゃくちゃ恩を売ってくる場合があり、断る際にむちゃくちゃ心苦しくなります(苦笑)

2.いったん「保留」する

企業に、内定承諾書の提出期限を延ばしてもらう方法です。

正直に話さないと、気持ちが落ち着かないという方は、こちらがおすすめ。

他の選考を受けていることを説明して、結果が出るまで、提出を「保留」させてもらいましょう。

面接の際に、

  • 「他の企業を受けていますか?」
  • 「うちの企業は第一志望ですか?」

などの、質問を受けていた場合は答えやすいですね。

(正直に答えていた場合は、ですが笑)

 

企業は、あなたを欲しいと思って採用しています。

キャリサポの先生曰く、「待てません」とは言われない場合が多いようです。

もしも、「待てません」と言われた場合は、入社を考え直した方が良いそうです。

そういった企業は、社員を雑に扱う傾向が強いため、ブラック企業を疑いなさいと言われました。

 

スポンサーリンク

まとめ

第一志望の結果が出る前に「内定承諾書」の提出を求められた場合は、

「いったん承諾して断る」or「保留する」といった対応を取りましょう。

内定承諾書には、法的な拘束力はありません。

後から断ることもできるので、とりあえずキープしておくのが無難でしょう。

ただし、企業はたくさんのお金をかけて採用活動をしています。

「この企業にはいかないな」と分かった時点で、はやめにお断り電話をいれましょう!

スーツの皺
スーツのシワを取るためにハンディーアイロンスチーマーを買った【口コミ・評判】

地方の学生にとって、スーツのシワは悩みどころですよね。 どんなに注意深くスーツケースに詰めても、絶対にシワになりますし、ホテルの中でどんなにファブリーズしても、深く刻まれたシワは消えません。 この時点 ...

続きを見る

内定辞退
「交通費は返却義務アリ!?」内定承諾書を提出した後、辞退する場合のお金の負担について

内定を承諾した後、本命企業から合格をもらうことがありますよね。 すると、内定承諾書を出した企業を「辞退」しないといけません。 気まずいですよね。 しかも、受験の際に、交通費を支給して頂いていた場合、さ ...

続きを見る

電話
電話の応対が苦手な就活生必見!電話嫌いを克服しよう【原因&解決方法まとめ】

就活シーズンになり、企業と電話する機会も増えましたよね。 「電話の音を聞いただけで、焦ってしまう」 「どう喋ればいいかわからずに、不自然な対応になってしまう」 と悩んでいる方も多いのではないでしょうか ...

続きを見る

-女子大生まとめ, 就活

Copyright© ちょこめもんぬ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.