女子大生まとめ 生活

人の趣味を否定する人の心理とは|好きなものをdisられてイヤな気持ちになった方へ

自分の好きなものを、否定されたら悲しいですよね。

  • 「なんで分かろうとしないの?」
  • 「せめてディスるのはやめてよ」
  • 「少しは相手の気持ちを考えてよ!」

このように、お怒りの方も多いのではないでしょうか。

これを理由に、「少しその友達と距離を置こう」とまで考える方もいるかもしれません。

しかし、ちょっと待ってください。

相手は、あなたを不快にさせる気はないかもしれません。

悪気ゼロの可能性もあります。

なぜなら、私自身、悪意なく友達の好きなものを否定していた過去があるからです。

(その節は本当に申し訳ありませんでした・・・)

そこで今回は、私の経験に基づいて、人の好きなものを否定する人の心理をご紹介します!

 

スポンサーリンク

好きなものを否定する人の心理

私が友達の好きなものを否定した理由は、「馬鹿にするため」ではありません。

「話を盛り上げるため」でした!

何言ってんの?って感じですよね。

具体的に説明させてください。

 

私は割と自分の好きなものを否定されても、不快にならないタイプなんです。

むしろ、否定されて「いやいや!こういう所が本当最高なんだって!わかってないなーーーー!」と言うのが好きです。

逆に「うん、うん、そうなんだー」って言われたら、「あれ?流されてる?」って不安になっちゃいます。

鋭いツッコミを入れてくれた方が、「んー!まあそう言うところも好きなんだよね!」って繋げられます。

否定された方がどんどん話せるんです。

 

また、私は「自分だけが好きなものの本当の価値を知っていればいい」みたいな排他的な思考をしています。

むしろ下手な同意は、ライバル視しちゃうからやめてほしいくらい・・・(笑)

 

だから、他の人もそうだろうと考えました。

 

友達の好きなものに対して「えー、訳分からないw」と言うのは、「あなたの好きなものを奪いませんよ」ってニュアンスだし、

「顔がみんな同じに見えるw」は「さあ、違いを思う存分語って!」って意味だし、

「この歌、字幕が無いとなんて言ってるか分からないw」は「何回も聴き込んでるから脳内で文字列が組み立てられるんだね!すごい!」って称賛のつもりなんですよね。

 

我ながら遠回りすぎる言い回しだけど。

だから否定してる人は、別に馬鹿にしているわけではなく、茶化すことで、話に「合いの手」を入れて盛り上げようとしている可能性があるんです。

 

最近はTwitterを見ていると、

  • 「好きなものを否定する奴は糞」
  • 「そんな奴とつるんでもろくな事ない」
  • 「友情関係のデトックス、した方がいいんじゃない?」

みたいなツイートがバンバン流れてきます。

そして、割と賛同するコメントが寄せられていたり、いいねやリツイートがついていたりするのを見かけます。

いや、ちょっと待ってくれよと。

次の解決策を試してみてからでも遅くないと思うんです。

わたし
普通と感覚が違う私たちにも、どうかチャンスを・・・!!

 

スポンサーリンク

好きなものを否定されたときの対処法

まずは、「好きなものを否定されたくない」と伝えてあげてください。

否定されたとき、あなたは笑っていませんか?

怒っていたとしても「もう!ヒドイ!」というじゃれあい程度の怒りではありませんか?

それじゃダメです。

「怒ってるよ/それイヤだよ」と言うのを、声の端に含ませて言ってください。

例えば、アニメを布教しようとして、友達に家でDVDを見せていたときに否定されたら、「そんなに否定する事ないじゃん」とDVDを留めてみましょう。

キレなくてもいいので、一瞬、DVDを止めて無音にする事で「え?本当に嫌がってる?」と相手に思わせる効果があります。

 

難しい場合は、落ち込むのもいいでしょう。

「私、好きなもの否定されるとガチ凹みするタイプなんだ」と言ってみてはどうでしょうか。

ちゃんと伝えても、まだ否定してくる奴は人間のクズです。

そこまで言っても改善されないようなら、確かに、もう人間関係を解消してもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

私は小学校の頃、よく人の趣味を否定してました。

否定して議論するのが、みんな好きだろうと思っていたんです。

悪気はありません。

ある友達が、家でDVDを見せたり、CDを貸してくれたりしたんですが、私はその時も、「なるほどね、これを叩き台に議論したいわけね」と思って、容赦なく否定しまくりました。

いや、本当アホ。

そしたら次第に、友達はその趣味の話をしなくなったんです。

少し経って、「あれ?そう言えば最近あの話しないね、飽きちゃったの?」と聞いてみました。

そしたら友達はちょっと驚いたように「え!覚えてたんだ!最近は〇〇ちゃんに聴いてもらってるよ!解ってくれるから」と返してきたんです。

私はスーーーーっと心が冷めていって、「あ、反応間違えたやつだ」と気づきました。

今は、盛り上げるために否定するのはやめました。

 

「これってどういう意味?」
「このキャラクターのどこが好きなの」

と疑問を投げかけたり、

「ここのシーンかっこいいね!」
「顔だけだと、この人良いな!」
「うーん、良く分からないけど、全シーズン観たらすごく感動するんだろうね!」

とできる範囲で共感したりするようにしています。

 

繰り返しになりますが、否定する人はみんな悪意があって、あなたの好きなものを悪く言っているわけではないかも知れません。

特に、「変わってると言われて喜ぶタイプ」「同担拒否タイプ」はその傾向が強そうです。

一度、否定するのはやめて欲しいと伝えてもらえると嬉しいです。

他人に気持ちを伝えるときのコツは、次の記事で紹介しています!

ぜひご参考ください。

DESC法
DESC法とは?|意味&具体例の解説!【アサーショントレーニング】

アサーション・トレーニング改訂版 さわやかな〈自己表現〉のために [ 平木典子 ] created by Rinker ¥1,650 (2020/07/07 01:46:57時点  ...

続きを見る

アサーション
アサーティブとは?|意味&語源【アサーションの基礎知識】

アサーション・トレーニング改訂版 さわやかな〈自己表現〉のために [ 平木典子 ] created by Rinker ¥1,650 (2020/07/07 01:46:57時点  ...

続きを見る

-女子大生まとめ, 生活

Copyright© ちょこめもんぬ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.