女子大生まとめ 生活

文系女子大生が独学で「ITパスポート」に合格した方法|勉強時間&おすすめ参考書

こんにちは!独学でITパスポート試験に合格した、文系大学生です!

今回は、これからITパスポート試験を受験しようと考えている方に向けて、

  • 「合格に必要な勉強時間はどれくらい?」
  • 「どの参考書を使って勉強したの?」
  • 「合格して、資格は役に立った?」

といった点について、ご紹介していきたいと思います。

参考にしていただけると嬉しいです!



ITパスポート試験とは?

ITパスポート試験は、ITや経営に関する基礎知識を問う国家資格です!

パソコンを用いて、マーク形式の4択問題に解答します。

国家資格の中では、最も簡単な部類で、合格率はだいたい47%程度です。

毎回2人に1人程度受かるのは、心強いですね!

詳しい概要は、以下です。

ポイント

  • 試験時間:120分
  • 受験料:5,700円
  • 出題数:100問
  • 試験日:全国に100か所以上の会場があり、試験日は会場次第。
    大きな会場では月に2~4日開催される一方、小さな会場だと年に数回というところもある。

【出題分野】

  • ストラテジ系(経営全般):35問程度
  • マネジメント系(IT管理):20問程度
  • テクノロジ系(IT技術):45問程度

※合格基準は、総合評価点1000点のうち600点以上であり、かつ分野別評価点もそれぞれ300点以上であること。

 

ITパスポートの勉強時間の目安

ITパスポートに合格するための目安となる勉強時間は、100時間と言われています。

一日の勉強時間にもよりますが、13か月ほどの勉強期間を見ておいたほうが良いでしょう。

  • 一日1時間勉強した場合:100日
  • 一日2時間勉強した場合:50日
  • 一日3時間勉強した場合:33日
  • 一日5時間勉強した場合:20日

ただし、普段からITに関わっている社会人の方なんかは、すでに知っている内容も多いはずです。

その場合、試験問題は「常識じゃん?」というレベルに感じるようです。

ネット上には、1週間で合格したとか、3日で十分とかいう声もありますが、そういった人たちは、恐らく元の知識がすごかったんだと思います。

こういった言葉を真に受けて怠けると、大変なことになりますよ。

わたし
私は、毎日3時間程度の勉強と、空き時間の復讐、試験直前の怒涛の詰め込みの結果、3週間くらいで合格しました!



ITパスポートの勉強方法&参考書

私が実際に行った勉強方法と、実際に使った参考書をご紹介します!

とはいえ、おすすめの参考書は、あくまでも個人的な好みです。

こういうのはフィーリングが大事なので、実際に店舗で手に取って見比べると良いですよ!

1.ITパスポート最速合格術

要点だけを抽出してまとめている参考書です。

これ一冊で合格まで行く人もいるくらい、ピンポイントでまとまっています。

私は、試験範囲の全体像を確認するために使いました。

だって、「テスト範囲は、ストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系ですよ」って言われても、全然想像できないじゃないですか。

この本を斜め読みすれば、とりあえず、自分がこれから学ぶ内容が俯瞰できるので、おすすめですよ!

「何言ってるんだろう?意味わからないなー」と思う場所も、わからないまま読み進めていきました。

不思議と、2周目でもう一度読み返すと理解できましたよ。

この参考書は、必須ではありませんが、本格的な勉強に入る前のワンクッションになっていいかなーと思います♪

 

2.かんたん合格 ITパスポート教科書

ダントツで安い教科書です。

この価格で、PC・スマホにも対応しています。

  • 本書全文の電子版(PDF)
  • スマホで学べるデジタル単語帳「でる語句200」

以上の2つがついてきますよ!

残念ながら、私は紙で勉強派なので、まったく恩恵を受けていませんが・・・(笑)

 

私は、無駄にカラフルな教科書が好きではないので、これを選びました。

大事なところだけ目立つので、非常にわかりやすく、おすすめです。

また、欧文が出てきたときに、さりげなくフリガナをふってくれている点も、気が利いていますよね。

私はこの教科書を、3回ほど斜め読みしました。

あせって過去問を解いても太刀打ちできないので、ここで準備しておきましょう!

わたし
安いだけあって、紙はペラッペラです。マーカーを引いた箇所は、裏のページにも若干透けてしまっていますね!

 

3.かんたん合格 ITパスポート過去問題集

過去問は、教科書と同じシリーズのものを使用していました。

問題と解答が別々になっておらず、左に問題・右に解説となっているところが、個人的には好きです。

いちいち問題用紙と解答用紙を広げるのは手間ですし、場所を取りますからね。

 

この過去問には、過去5年分の問題が入っています。

私は、1ページずつ解いて、丸付けをして、直してから、先に進むようにしました。

そうすると、「お!これ前に見た問題だな」わかる問いが増えてきます!

わたし
また間違えそうな問題は、後から復讐できるように、マーカーして目立たせています!

 

ITパスポート受験の意味/メリットはあるの?

わたし
正直、ITパスポートを持っていても得はしません(笑)

私は、ITパスポート試験に合格すると、大学の単位が認定されるので受験しましたが・・・

そういうのが無ければ、あえてITパスポート試験を受ける意味が見出せません。

簿記とかFPIとか、もっと認知度が高くて、為になる資格をとる方がいい気がします。

就職活動のときも、「ITパスポートって何?」という感じで、特に評価されなくて悲しかったですし。

一応、国家資格なんですけどね・・・。

とはいえ、「資格をとった」という経験は自信につながりますし、資格欄に書くことがあるのは嬉しいものです。

そういう意味では、取る意味があったなぁと感じていますよ!!

まとめ

IT系の知識がゼロでも、だいたい100時間程度勉強すれば、ITパスポートに合格できます!

いい結果が出るよう、応援しています。




自分で読み進めるのは苦手・・・

動画で学びたい!

という方には、「オンスク」がおすすめです。

資格の学校TACのノウハウが凝縮された講義動画で学習できる、

業界最安値のオンライン資格学習サービスです

  • 月額980円で28講座の資格学習コンテンツが利用可能!
  • PC・スマホから隙間時間で学習できる!
  • +500円で実力テストや特別問題の機能も!

家にWi-Fi環境のある方は、オンスクを利用した方が効率良く学べるかもしれません。

-女子大生まとめ, 生活

Copyright© ちょこめもんぬ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.